2008年03月01日

出た!メタルバスクラMoennig metal bass clarinet

こ、これはちょっとすごいんじゃない? メタルのバスクラです。
MoennigBassClarinet022708a2.jpg
Moennig Metal Bass Clarinet VERY RARE! VERY COOL! WOW!

This is a VERY RARE Moennig metal bass clarinet. Moennig made the only metal bass clarinet that I've ever seen and these cool horns are very rare and collectible, not to mention neat! Thos one is in very good condition. There are patches on the neck-it was probably pulled down at some point, but the repair is very good. Pads and action have just been attended to and the clarinet plays great. A great novelty or a great player. WOW!続きを読む
posted by yamadan at 04:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | eBay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月28日

コントラアルトを落札!EEb Selmer Bundy Contra Alto Clarinet

42e3_1.JPGついに!ついに、eBayで落としました。
コントラアルトクラリネット、EEb Selmer Bundy Contra Alto Clarinet。

いわゆるセルマーUSA製のプラ管コントラアルト。プラ管のバスクラほど数多くはないですが、eBayでも常時なにかしら出品されてますかね。ローズウッドのセルマーパリ製コントラアルトもたまに見ます。
で、ピンからキリまで有象無象あるなかで決め手になったのは、
・出品者が楽器店であること(実店舗もあり)
・メンテもされていてよく鳴るというから、状態もおそらく悪くなさそうなこと4b97_1.JPG
・シリアル番号が5000以上と比較的新しい(最新がいくつくらいか不明ながら、3桁のものも散見される)
・値段もあまり高騰してない
あたりを総合的に判断。ただし、
・マウスピースが付属しない
・日本には送れない
という問題が…。
最初、「特別に日本に送るとしたら、送料と手数料で500ドルね」という見積もりが届いてビックリ。
おいおい、そりゃあボリすぎだってば。

日本に送れないという問題は、アメリカから日本へ荷物の転送をしてくれるサービスで解決。
マウスピースは、バンドレンやセルマーのを日本で新品を買うと3万円くらい、アメリカの通販で
新品を買っても2万円くらいとかなり高いうえ、本体とマウスピースのメーカーの組み合わせによって
コントラアルト用かコントラバス用(はたまたバスクラ用)どれが適合するか変わってきたりと、
割とややこしいみたい。なので、ダメもとで「在庫ありますかねー?」と問い合わせたら、
「Selmer C*の中古が2つあるよ。ヒビ入ってるのが$40、いいやつが$100だぴょーん」
というじゃないすか。さすが楽器屋さん。いいやつを$80に値切って(笑)、一緒に注文と。

さて、どうなりますことやら。届いてからのお楽しみ、です。
posted by yamadan at 08:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | eBay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月25日

ピアノのコンサート@恵比寿

日曜の午後、ピアノのコンサートに行ってきました。
http://dawa.seesaa.net/

ホント、聴きに行ってよかったです!
選曲、アレンジ、演奏、パフォーマンス、
すべてが素晴らしかったです。
会場は恵比寿の麦酒記念館内のスペース(銅釜広場というらしい)。
http://www.sapporobeer.jp/brewery/y_museum/annai/index.html

あれだけのお客さんを前にして一人でピアノの独奏。
おなじみの曲からうまれる感動(と笑い)、
そして鳴り止まないアンコールの拍手…。
お目当てのお客さんも(大人気でしたね)、通りすがりのお客さんも、
「フィギュアスケートでおなじみの曲」をテーマにしていたと知らなくても(重要)、
きっと満足して帰路についたことでしょう。

同じく演奏者としては、「音楽で笑わせる方法」も参考になりました。
いわゆる「いつの間にかボレロが水戸黄門!?」みたいなアレンジなわけですが、
(あ、何の曲から津軽海峡〜に変わってましたっけ…?しまった、忘れてる)
実はあれ、不特定多数のお客さんの前でやるのは、かなりの高等テクだと思うんです。
演奏がおぼつかない〜演奏で精一杯なレベルでは、なかなか難しいでしょ。

自分たちも演奏を楽しみつつ、お客さんにも十分に楽しんでいただくには…?
とても深いテーマですね。
posted by yamadan at 13:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年3月の演奏会情報

またもや久々の更新ですが、演奏会情報です。

★草加市民音楽祭
草加市内の音楽団体が一堂に会する?恒例の音楽祭です。
私が所属する草加中央吹奏楽団は、17:00ごろに演奏予定。
演奏予定曲:♪「メリー・ウィドウ」セレクション ♪タイコンデロガの2曲

日時:2008年3月2日(日) 13:00開演?
場所:草加市文化会館 http://soka-bunka.jp/
アクセス:東武東上線 松原団地駅下車 徒歩5分
入場無料

★ラス クラリネーテスラスクラ20080316A5.jpg
先ごろお仲間に加えていただいた、バスクラリネットのアンサンブル。
金管五重奏?のアンサンブル ウィザードさんとのジョイントコンサートです。
演奏予定曲:♪ルパン三世のテーマ ♪ピンクパンサー ♪Gメン'75 
♪おもちゃの交響曲 ♪北酒場 ほか全15曲を予定

日時:2008年3月16日(日) 14:00開演
場所:千葉市花見川区 畑コミュニティセンター http://chiba-community.jp/hata/
アクセス:JR総武線「新検見川」駅から京成バス「八千代台駅・柏井高校」行き、
または「こてはし団地・いきいきプラザ・草野車庫」行きで、畑小学校下車
入場無料

関連ページhttp://chiba-community.jp/hata/items1/index.php
posted by yamadan at 12:04| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月30日

気になった楽器

相も変わらず、eBayでバスクラ関係のウォッチングを続けてます。
最近、注目してた物件をいくつか紹介しましょう。

●Boosey & Hawkes Bass Clarinet, Imperial to Low C or Eb!
Amazing Condition. Extremely Rare Professionally Owned
http://cgi.ebay.com/ws/eBayISAPI.dll?ViewItem&item=130184809192

Every once in a while as a dealer one comes across truly special instrument. This one ticks all the right boxes! This model is so rare that it is the only one of its type I have ever seen: The instrument is provided with an extension, made at the B & H factory, so that it can be played as a low C OR low Eb Bass as required.  It is in immaculate condition as it is part of the Tony Lamb collection. The instrument has been played professionally in the English National Opera Orchestra many times by Tony, Principal Clarinet. The silver plating is perfect, the leather pads and corks all excellent, the keywork regulation silent and positive.  The wood is Boosey & Hawkes at its best: lovely smooth grained Grenadilla, NO marks, chips or repairs ever. The crook and bell are pristine with only the merest scratch to show that this fine Professional Bass isn't brand new. The instrument features additional LH Eb/Ab lever and articulated C#/G#; all the bells and whistles. The tone hole on the bell acts as a low Eb without the extension fitted. When the extension is added the low Eb, D & C# issue from it and the low C comes from the bell tone hole. Simple and ingenious with both being actuated by the same lever. Thus the low Eb comes from 2 different tone holes, the first one of the extension when fitted and, when the extension is not added, from the bell tone hole. The matching serial nos. are 458247.

6984_12.JPGb9fc_12.JPG7730_12.JPG
ブージー&ホークスのバスクラってだけでも、まぁ珍しいですよね。イギリス製でしょうか?その上ですよ、なんと後付ではなくて純正のLow Cエクステンションが付いていて、Low EbとLow Cどちらとしても使えますっていう優れもの。しかも、前オーナーは英国国立オペラオーケストラの首席クラリネット奏者という筋金入り?です。
入札0で終わっちゃってますが、開始価格が約3000ポンド(って60万円くらい?)と高いスからねー。やむなしでしょうか。


Low Cといえば、我らがルブランにもLow Cモデルがあるんですよね。こんなヤツです。

●Leblanc Professional Bb Bass Clarinet -Range to LOW C !
http://cgi.ebay.com/ws/eBayISAPI.dll?ViewItem&item=190185502667

327a_12.JPG
これもエクステンションっぽく見えるけど、キーのシャフトがつながっていることからもわかるように、分割できないはず。最新のカタログ見ても、同じようになってます。おそらく下管の上部はLow Ebモデルと共通なのでしょう。
このバスクラ、希望落札価格が3400ドル(=約38万円)ってことなので、最低落札価格は3000ドルくらいですかね。


さて、エクステンションといえば、こんなの作ってる人もいるようですよ。

●Selmer bass clarinet extension
http://freespace.virgin.net/pete.worrell/gallery/selmerbasscltextension.htm
jeffdalybassextension5.jpg
なかなか美しいですね。エクステンションって、単に管を伸ばすだけじゃなくてキーも増設するわけで、サムレストの下にこんなキーを付けるわけです。
jeffdalybassextension3.jpg
この方、Boosey and Hawkes bass clarinet extensionってのも作ってるようで、
http://freespace.virgin.net/pete.worrell/gallery/booseybasscltextension.htm
peteripperbass3.jpg
先の純正とは違う後付なわけですが、非常に美しい仕上がりです。高いんでしょうけど、お仕事頼んでみたいですねー。Pete Worrelさんです。
peteworrell.jpg

さて、最後です。
「チャールズ・ベイ」という名前は、皆さんご存知?のはず。マウスピース、リガチャー、マウスピースパッチなんかのアクセサリーで有名ですね。バスクラだと、角度を改良したネックなんてのもあります。これですね。

●RARE CHARLES BAY IMPROVED ANGLE BASS CLARINET NECK
http://cgi.ebay.com/ws/eBayISAPI.dll?ViewItem&item=310010804498

c79d_12.JPGcc39_12.JPG
Here is a rare Improved Angle Bass Clarinet Neck from the great master Charles Bay. This one measures almost exactly one inch in diameter from outer edge to outer edge Circumference is approx. 3 1/8 inches. This one is slightly too small for my Leblanc Bass Clarinet. Any good woodwind or brass repair tech can adjust the size of the tenon. This one is marked on the tenon SMALL OD and just above that v-y.

開始価格がUS $450.00と、結構いいお値段してます。まぁレア物には違いないんですが、オークションでもたまに見かけます。それより、なんじゃこりゃ?と思ったのはこちら。

●Bass Clarinet Customize by Charles Bay Band Selmer ? NR
http://cgi.ebay.com/ws/eBayISAPI.dll?ViewItem&item=150170577896

This auction is for a used Bass Clarinet customized by Charles Bay with Charles Bay Improved Angle neck and hardcase.  I would rate this item to be 85% cosmetic condition.  Hopefully, pics will tell you more. On this clarinet I do not find any stampings other than the serial number 1881E.  There appears to be a crack in this horn up by the silver tag refer to pic). There is a silver tag that states customized Charles Bay Clarinets.  The mouthpiece is stamped Henry Selmer Paris and the silver ring is stamped Buffet Cramptom France. The hardcase has the silver tag stamped Charles Bay Clarinets on it. There a some scratches from use/age (refer to pics).  This is purely cosmetic.

2a67_12.JPG2986_12.JPG2607_12.JPG
「チャールズ・ベイ」ブランドのバスクラ。ブランドというか、カスタマイズ。
これ、いま考えると、なんとか落としてみるべきだったかも知れません。値段もUS $366.95と、それほど上がらなかったんですね…。
上から見ていくと、マウスピースこそセルマー(リガチャーはクランポン)のようですが、例の改良ネック付き、プラ管、上管の上部にCharles Bayのプレートあり、しかも一部のキー(左の薬指と右の人差し指)にはドイツ?のコインが使われているという、なんともファンキーで遊び心満点な仕様です。ケースにまでCharles Bayと入っているらしい。ベースの機種は何でしょう、ヤマハ(Vito製?)あたりでしょうか。

中古の楽器って、特にオークションで買うとなると、価格の相場やコンディションの見極め、当たり外れ、自分との相性など、いろいろ問題もあると思うんですが、なんか一期一会で面白いなぁと思うのです。
 
 
posted by yamadan at 04:30| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | eBay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月18日

演奏会が終了

日曜日、クリスマスコンサートが終わりました。

お越しいただいた皆さん(個人的には家族と実家から母親だけでしたが)、ありがとうございました。
なかなか盛り上がった、いいコンサートだったんじゃないかなぁ…なんて自画自賛してみたり。
特に母親には20年ぶり?くらいに演奏を聴いてもらえたので、よかったなぁ。
5歳の息子も、ステージから見る限りではいい子にして聴いてくれてた模様。
実行委員の皆さんはじめ団員の皆さんにも、ありがとうございました&おつかれさまでした。

演奏面では、個人的には大きなミスもなく無事にというか無難にというか。
速いパッセージは最初からあきらめてる箇所が多少ありましたが(笑)、
主にハーモニーの部分で、微力ながらアンサンブルに貢献できたはずだ!
と信じることにしましょう。

密かな試みとしては、樹脂製リード(FIBRACELL)を本番で使ってみました。
このFIBRACELL、見た目は葦のリードにそっくりだし、音が出しやすくなってご機嫌!
なのですが、今の僕のセッティングでは、やや鳴りすぎちゃう傾向があるようなので、
オリジナル曲はバンドレン青箱にして、ポップス系の曲だけに限って使ってみました。
自制心をもって、音がビャーってならないように気をつければ、特に問題はないかもなぁ、と。

ちなみに、隣でバリサキ吹いてるKさんはリジェール(プラスチックリード)を使ってました。
先日、僕もリジェールも買ってみたのですが、くわえた感じにどうも違和感があるので
まだあまり試してません。半透明っていう見た目とは逆?で、実はリジェールの方が
おとなしく鳴る印象なんですよね。リガチャー含めて、セッティングの実験は続けてみます。

そうだ。金曜の晩だったか土曜の午前中だったか、楽器の調子を確認しておこうと
ひと通り眺めていたら、下管の一番下にあるネジが緩んで7ミリくらい飛び出している!のを発見。
そこはドライバーでしめつつ、主に下管の連結のバランスとかも取り直してみました。
多少は吹きやすくなったような、変わらないような…。

演出面では、前回のセーラー服に続き、今回のチャイナドレスも気が済みました(謎)。

次に着るとしたらなんでしょうねぇ。リクエストも募集中ということで。
posted by yamadan at 04:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月09日

演奏会のお知らせ

だいぶ間があいてしまいました。
演奏会のお知らせです。

●獨協大学管弦楽団 第38回定期演奏会
12/1(土) 17:30開場 草加市文化会館
エキストラで1曲だけ、チャイコフスキーの『くるみ割り人形』を吹きます。
詳しくはこちら! http://www2.dokkyo.ac.jp/~club0051/concert.html

●草加中央吹奏楽団 クリスマスコンサート2007
12/16(日) 13:30開場? 草加市立中央公民館ホール
こちらは全曲。いろいろやります!
詳しくはこちら! http://www32.ocn.ne.jp/~chusui/
…のはずなんですが、載ってないじゃん。ダメじゃん。
わかり次第お伝えしますです。
posted by yamadan at 04:12| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月06日

演奏会のお知らせ

突然ですが…

そういうシーズンなんですかね。
今週末の7/7(七夕ですね!)、バスクラの演奏会を聴きに千葉方面へ行こうと思ってるんですが、
来週末、今度は自分が出る演奏会が立て続けにあるので、
ちょっと告知です。

◆その1
草加中央吹奏楽団 第22回定期演奏会
日時:2007年7月14日(土) 16:30開場 17:00開演
場所:草加市文化会館埼玉県草加市松江1-1-5 TEL:048-931-9325
アクセス:東武東上線 松原団地駅下車
料金:無料
予定曲目:アルメニアンダンス・パート1、風紋(原典版)、音楽物語「魔女の宅急便」ほか
※ここ半年ほど参加させてもらってる社会人吹奏楽団です。
 木管低音はバスクラ×2、アルトクラ×1、ファゴット×2、バリトンサックス×1
 という、ソコソコ豪華な布陣(笑)。

◆その2
Shanty Shanty 音楽の夕べ(だっけ?)
日時:2007年7月16日(祝) 18:00ごろ開演予定
場所:美容室Shanty Shanty(世田谷区北沢2-34-6 小林ビル1F TEL:03-3469-6160)
アクセス:小田急線、京王井の頭線 下北沢駅下車
料金:2000円くらい?(飲食込み)
予定曲目:夢のあとに(フォーレ作曲)、「ルパン三世のテーマ」ほか(仮)
※いつもお世話になっているご近所の美容室で、
 いろんな人が、ビールなんかを飲んだりしながら、いろんなことやるライブ(笑)。
 ピアノの伴奏をお願いして、フォーレの曲を吹く予定です。ドキドキ。

いずれも、お問合せはtksbj8(at)yahoo.co.jpまでどうぞ。
posted by yamadan at 00:25| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月21日

世界のおもしろバスクラ(笑)。

Rudolf Uebel German System Bass Clarinet Metal Low C
ス、スゴイ…。なんだこれは!?


メタルクラはよく見るし、メタルのバスクラも割と見るけど、
これはドイツ製でエーラー式だわ、最低音がCだわ、おまけにこのベル!

もう、なんすか…。ストレートアルトサックス!? サクセロ!?

こんなバスクラをなにくわぬ顔してステージで吹いてたら、
それこそ話題騒然ですわ。

誰か、ぜひ落としてみてください!

Description:
Original G. Rudolf Uebel Wohlhausen (Vogtland) Germany. Metal bass clarinet German, Albert system. Silver plated keys and bell.  Goes to low C. Comes with the case, Uebel mpce, lig&cap. Mint condition.   

商品説明
Original G. Rudolf Uebel Wohlhausen (Vogtland) Germany.
金属製バスクラリネット、ドイツ・アルバート式。キーとベルは銀メッキ。最低音はLow C。付属品:ケース、Uebel製マウスピース、リガチャー&キャップ。程度極上。



posted by yamadan at 21:29| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | eBay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

狙ってマス。

LeBlanc (PARIS) Bass Clarinet - Grenadilla Wood
ちょっぴり狙ってます。

Description
LeBlanc (PARIS) Bass Clarinet - Grenadilla Wood body.  Completely repadded.  All new
leather pads top to bottom.  Plays well, fine intonation.  Pinned upper
joint.  Older professional repair.   Nickel plated keys show finger
wear.    Comes with a brand new wood shell case and floor
peg, no mouthpiece.   Serial #10114 dates to c.1975. Winning bidder pays
shipping and insurance.  Money order or Pay Pal must be received within
7 days of auction close.

商品説明
ルブラン社(パリ)製のバスクラリネット、ボディはグラナディラ材です。全タンポ交換済み。上から下まですべて新品の皮製タンポです。良く鳴り、音程も正確。上管にピンの修理あり。古い、プロによる修理です。ニッケルメッキのキーは指による磨耗があります。ハードケース、フロアペグ付き、マウスピースなし。シリアルナンバー10114から、1975年製と思われます。落札者は送料と保険料を負担してください。オークション終了後7日以内に
為替またはPayPalで支払ってください。

    
   
posted by yamadan at 08:50| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | eBay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。